Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote の配備と管理 » SQL Remote の管理

 

サブスクリプションの再同期

リモート・データベースを作成する場合は、統合データベースからスキーマとデータの両方を抽出し、リモート・データベースの構築に使用します。この処理により、各データベースにデータの初期コピーが確実に格納されます。配備の後、次の状況ではサブスクリプションの再同期を検討することがあります。

  • 統合データベースに重要な管理作業を実行した後   たとえば、統合データベースに変更を行い、これによりデータベース内のすべてのローが更新されます。デフォルトでは、SQL Remote は更新メッセージを作成し、サブスクライブされている各リモートに送信します。これらの更新メッセージには、ローごとに UPDATE 文、DELETE 文、INSERT 文が含まれる場合があります。

    SYNCHRONIZE SUBSCRIPTION 文を使用してサブスクリプションを同期させるよう選択した場合は、サブスクライブされたテーブル内のすべてのローを削除するために必要な文と、すべての新しいローを挿入する INSERT 文の送信のみを行います。

  • リモート・データベースが統合データベースと同調していない場合   リモート・データベースが統合データベースと同調していない場合は、パススルー・モードの使用を試みることができます。SQL Remote のパススルー・モードを参照してください。

    パススルー・モードが機能しない場合は、サブスクリプションを同期させることができます。サブスクリプションを同期させる場合は、リモート・データベースを統合データベースと強制的に同調させます。SYNCHRONIZE SUBSCRIPTION 文には、リモート・データベース内のサブスクライブされたテーブルの内容を削除する文と、サブスクリプションのローを統合データベースからリモート・データベースに挿入する文が含まれています。

制限事項
  • 同期はサブスクリプション全体に適用される   1 つのテーブルを同期させることはできません。

  • 同期でのデータの消失   サブスクリプションの一部を成し、統合データベースにレプリケートされなかったリモート・データベースのデータは、失われます。

    Sybase Central のデータベース・アンロード・ウィザードまたはアンロード・ユーティリティ (dbunload) を使用してリモート・データベースをアンロードまたはバックアップしてから、データベースを同期させます。データベース・アンロード・ウィザードを使用したデータのエクスポートアンロード・ユーティリティ (dbunload)を参照してください。


同期
Message Agent (dbremote) を使用した同期
サブスクリプションの開始
サブスクリプションの停止