Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote の配備と管理 » SQL Remote の管理 » SQL Remote システムのバックアップ

 

統合データベースのバックアップ

統合データベースとトランザクション・ログのフル・バックアップを作成して統合データベースをバックアップした後、トランザクション・ログのインクリメンタル・バックアップを作成します。

♦  SQL Remote 統合データベースをバックアップするには、次の手順に従います。
  1. 統合データベースとそのトランザクション・ログのフル・バックアップを作成します。

    1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

    2. -r オプションと -n オプションを指定して dbbackup を実行します。

      次に例を示します。

      dbbackup -r -n -c "UID=DBA;PWD=sql;DBF=c:\live\database.db" e:\archive
  2. 統合データベースのトランザクション・ログのインクリメンタル・バックアップを作成します。トランザクション・ログのバックアップ時に、トランザクション・ログの名前変更と再起動を選択します。

    1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

    2. -r オプション、-n オプション、-t オプションを指定して dbbackup を実行します。

      次に例を示します。

      dbbackup -r -n -t -c "UID=DBA;PWD=sql;DBF=c:\live\database.db" e:\archive
  3. 現在のトランザクション・ログ・ファイルにアクセスしながら Message Agent (dbremote) を実行します。

    次に例を示します。

    dbremote -c "UID=DBA;PWD=sql;DBF=c:\live\database.db" d:\live
警告

バックアップ中のデータベースに対しては、-x オプションを指定して Message Agent (dbremote) を実行しないでください。

次の図は、c:\live ディレクトリ内のデータベース database.dbd:\live ディレクトリ内のトランザクション・ログ database.log を示します。

トランザクション・ログ・ファイルは Live ディレクトリに格納されています。

トランザクション・ログの名前を変更して再起動する -r オプションと -n オプションを使用して、バックアップ・ディレクトリ e:\archive にトランザクション・ログをバックアップすると、バックアップ・ユーティリティ (dbbackup) が次のタスクを実行します。

  1. 現在のトランザクション・ログ・ファイルの名前を 971201xx.log (xxAA から ZZ までの連続した英字) に変更する。

  2. バックアップ・ファイル 971201xx.log を作成して、トランザクション・ログ・ファイルをバックアップ・ディレクトリにバックアップする。

    8.0.1 より前の古いトランザクション・ログ名

    リリース 8.0.1 より前の SQL Anywhere では、古いトランザクション・ログ・ファイルの名前が、yymmdd01.logyymmdd02.log のようになっています。名前を変更したのは、古いトランザクション・ログをより多く保存できるようにするためです。Message Agent (dbremote) は、指定されたディレクトリ内で、ファイル名に関係なく全ファイルをスキャンするので、ログ・ファイル名が変わっても既存のアプリケーションに影響はありません。

  3. database.log という名前で新しいトランザクション・ログを作成する。

バックアップを何回か行うと、live ディレクトリと archive ディレクトリに連続した名前の一連のトランザクション・ログができます。

連続した名前の一連のトランザクション・ログが Live ディレクトリと Archive ディレクトリの両方に格納されます。
参照