Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote のレプリケーション設計 » SQL Remote のレプリケーション設計と設定 » ユーザ・パーミッション

 

REMOTE パーミッション

REMOTE パーミッションの付与は、データベースへのリモート・ユーザの追加にも関連します。SQL Remote 階層内で現在のデータベースの直下にあるデータベースのパブリッシャには、現在のデータベースによって REMOTE パーミッションが付与されます。

ユーザに REMOTE パーミッションを付与する場合は、次の設定を行う必要があります。

  • メッセージ・システム   データベース内で最低 1 つのメッセージ・システムが定義されるまで、新規リモート・ユーザを作成することはできません。SQL Remote メッセージ・システムを参照してください。

  • 送信頻度   SQL 文を使用して REMOTE パーミッションを付与する場合、送信頻度の設定はオプションです。送信頻度の設定を参照してください。

ユーザに REMOTE パーミッションを付与するには、次の処理を実行します。

  • ユーザをリモート・ユーザとして識別します。

  • このリモート・ユーザでメッセージを交換するときに使用するメッセージ・タイプを指定します。

  • メッセージの送信先アドレスを指定します。

  • メッセージがリモート・ユーザに送信される頻度を指示します。

データベースのパブリッシャは、同じデータベースの REMOTE パーミッションと CONSOLIDATE パーミッションを持つことはできません。これにより、パブリッシャが、出力メッセージの送信者と受信者の両方として識別されます。

グループへの REMOTE パーミッションの付与

グループに REMOTE パーミッションを付与できますが、REMOTE パーミッションは、グループ内のすべてのユーザに自動的には適用されません。グループ内の各ユーザには REMOTE パーミッションを明示的に付与する必要があります。


REMOTE パーミッションの付与
REMOTE パーミッションの取り消し