Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote の配備と管理 » SQL Remote の管理

 

SQL Remote システムのバックアップ

SQL Remote レプリケーションは、トランザクション・ログ内のオぺレーションへのアクセスと、古いトランザクション・ログへのアクセスに依存して行われます。実装するバックアップ方式には、SQL Remote のトランザクション・ログの管理を組み込んでください。

現在のトランザクション・ログと古いトランザクション・ログが不要になるまでは、Message Agent (dbremote) がこれらのログにアクセスできるようにしてください。

統合データベースがそのトランザクション・ログを必要としなくなるのは、すべてのリモート・データベースが受信を完了し、トランザクション・ログに含まれるメッセージが正常に適用されたことを確認したときです。

リモート・データベースがそのトランザクション・ログを必要としなくなるのは、統合データベースが受信を完了し、トランザクション・ログに含まれるメッセージを正常に適用したことを確認したときです。

リモート・データベースのバックアップ

リモート・データベースの場合、次のいずれかを選択する必要があります。

  • バックアップ方法として統合データベースへのレプリケーションに頼る   リモート・データベースでは、バックアップ手順は統合データベースの場合ほど重要ではありません。データのバックアップを、統合データベースへのレプリケーションに頼る方法もあります。

    この方法を選択する場合は、リモート・データベースのトランザクション・ログを管理する方式を作成してくださいリモート・データベースのトランザクション・ログの管理を参照してください。

  • リモート・データベースのバックアップ方式を作成する   リモート・データベースに行われた変更が重要な場合は、トランザクション・ログの管理を含むリモート・データベースのバックアップ方式を作成する必要があります。リモート・データベースのバックアップを参照してください。

統合データベースのバックアップ

トランザクション・ログの管理を含む統合データベースのバックアップ方式が必要です。メディア障害からの統合データベースの保護を参照してください。

バックアップ・ユーティリティ (dbbackup) と Message Agent (dbremote) の -x オプション

データベースでは、-x オプションを指定した Message Agent (dbremote) とバックアップ・ユーティリティ (dbbackup) の両方を実行しないでください。

-x オプションは、レプリケーションのためのトランザクション・ログの管理に使用されます。-x オプションを使用すると、Message Agent は古いトランザクション・ログにアクセスし、これらのトランザクション・ログが不要になると削除します。-x オプションでは、トランザクション・ログはバックアップされません。

バックアップ・ユーティリティ (dbbackup) は、現在のトランザクション・ログのバックアップに使用されます。バックアップ・ユーティリティ (dbbackup) が -r オプションと -n オプションを使用して実行される場合、バックアップ・ユーティリティは、現在のトランザクション・ログをバックアップ・ディレクトリにバックアップし、現在のトランザクション・ログの名前を変更して再起動します。バックアップ・ユーティリティ (dbbackup) は、前回のバックアップ後に名前を変更して再起動したトランザクション・ログと現在のトランザクション・ログが同じであると想定します。

-x オプションを指定した Message Agent とバックアップ・ユーティリティ (dbbackup) を同じデータベースで実行しようとすると、相互に干渉します。両方が実行されている場合、トランザクション・ログが失われる可能性があります。

バックアップされていないリモート・データベースでは、-x オプションを指定した Message Agent (dbremote) のみを実行してください。


リモート・データベースのトランザクション・ログの管理
メディア障害からの統合データベースの保護
統合データベースのバックアップ