Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote の配備と管理 » SQL Remote の管理 » サブスクリプションの再同期

 

サブスクリプションの開始

♦  サブスクリプションを開始するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[パブリケーション] ディレクトリを展開します。

  3. パブリケーションを選択します。

  4. 右ウィンドウ枠で、[SQL Remote サブスクリプション] タブをクリックします。

  5. サブスクリプションを手動で同期します。

    1. [サブスクライバ] リストでユーザを右クリックして、[プロパティ] を選択します。

    2. [詳細] タブをクリックします。

    3. [すぐに同期化] をクリックします。

      [すぐに同期化] ボタンをクリックすると、サブスクリプションが処理されます。プロパティ・ウィンドウで [キャンセル] を続けてクリックしても、同期アクションはキャンセルされません。

♦  サブスクリプションを開始するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. START SUBSCRIPTION 文を実行します。START SUBSCRIPTION 文 [SQL Remote]を参照してください。

1 つのトランザクション内でいくつかのサブスクリプションを開始するには、REMOTE RESET 文を使用します。REMOTE RESET 文 [SQL Remote]を参照してください。