Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote のレプリケーション設計 » SQL Remote の概要

 

SQL Remote の機能

SQL Remote は、統合データベースと多数のリモート・データベース間のデータベース・トランザクションの双方向レプリケーション用に設計された、メッセージベースのテクノロジです。リモート・サイトにおける管理およびリソースの要件は最小限に抑えられているので、SQL Remote はモバイル・デバイスに最適です。

SQL Remote では、次のような機能を提供します。

  • 複数サブスクライバのサポート   SQL Remote を使用すると、不定期に接続するユーザが、SQL Anywhere 統合データベースと多数のリモート SQL Anywhere データベース (通常、多数のモバイル・データベースを含む) 間でデータをレプリケートできます。

  • トランザクション・ログ・ベースのレプリケーション    SQL Remote では、トランザクション・ログを使用してレプリケーションを行います。このため、更新時にレプリケートされるのは、変更されたデータのみです。このことによって、レプリケーション・システム全体でトランザクションのアトミック性が適正に保たれ、レプリケーションに関わるデータベース間で一貫性が維持されます。

  • 集中管理    SQL Remote は、統合データベースで集中管理されます。企業では、数多くのユニークなデータベースが存在する多数のモバイル環境を使用できますが、各リモート・データベースを個別に管理することはありません。また、エンド・ユーザが SQL Remote の処理を意識することはありません。

  • 効率的なメモリの使用   効率的な実行のため、SQL Remote はメモリを効率よく使用します。このことによって、既存のリモート・コンピュータとデバイス上で SQL Remote を使用できるため、新しいハードウェアに投資する必要がありません。レプリケーションは、限られた領域を使用してリモート・コンピュータやデバイスと双方向に行うことができます。統合データベースからリモート・データベースにレプリケートされるのは、関連するデータのみです。

  • マルチプラットフォーム・サポート    SQL Remote は、さまざまなオペレーティング・システムとメッセージ・リンクでサポートされています。SQL Anywhere データベースは、1 つのファイル/オペレーティング・システムから、別のファイル/オペレーティング・システムにコピーできます。サポートされるプラットフォームを参照してください。

参照