Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Remote » SQL Remote の配備と管理 » SQL Remote の管理

 

Message Agent (dbremote) の概要

Message Agent (dbremote) は、SQL Remote レプリケーションの主要コンポーネントです。Message Agent (dbremote) をインストールし、システム内の各データベースで実行してください。Message Agent (dbremote) では、メッセージの送受信処理を行います。

Message Agent の機能は次のとおりです。

  • メッセージ送信時の Message Agent (dbremote) のタスク  

    • 各パブリッシャ・データベースのトランザクション・ログをスキャンして、トランザクション・ログのエントリをサブスクライバへのメッセージに変換する。

    • サブスクライバにメッセージを送信する。

    • Message Agent (dbremote) がメッセージの再送要求を受信した場合は、要求を作成したデータベースにメッセージを再送する。

    • システム・テーブルのメッセージ情報を保持し、保証されたメッセージ配信システムを管理する。

    メッセージ送信のタスクを参照してください。

  • メッセージ受信時の Message Agent (dbremote) のタスク  

    • 受信メッセージを処理して、データベースに適切な順序で適用する。

    • 欠落しているメッセージの再送を要求する。

    • システム・テーブルのメッセージ情報を保持し、保証されたメッセージ配信システムを管理する。

    メッセージ受信のタスクを参照してください。

接続

Message Agent (dbremote) は、データベース・サーバへの接続をいくつか使用します。それらは次のとおりです。

  • 汎用的な接続   Message Agent (dbremote) の起動中は常に接続されています。

  • トランザクション・ログをスキャンするための接続   スキャンのフェーズ中のみ接続されています。

  • トランザクション・ログスキャン・スレッドからコマンドを実行するための接続   スキャンのフェーズ中のみ接続されています。

  • 同期サブスクリプション要求を処理するための接続   送信フェーズ中のみ接続されています。

  • 各ワーカ・スレッドのための接続   受信フェーズ中のみ接続されています。


Message Agent (dbremote) のモードの選択
継続モードでの Message Agent (dbremote) の実行
バッチ・モードでの Message Agent (dbremote) の実行
Mac OS X での Message Agent (dbremote) の実行
UNIX での Message Agent (dbremote) の実行