Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースの使用 » Ultra Light データベースの操作 » Ultra Light のテーブルとカラムの操作

 

Ultra Light テーブル内の情報のブラウズ

Sybase Central または InteractiveSQL を使用して、Ultra Light データベースのテーブルに保持されているデータをブラウズできます。テーブルには、ユーザ・テーブルとシステム・テーブルがあります。現在のデータベースの表示でシステム・テーブルの表示と非表示を切り替えてテーブルをフィルタできます。Ultra Light には所有権の概念がないので、すべてのユーザがすべてのテーブルをブラウズできます。

Sybase Central

Sybase Central では、選択したデータベースを操作しながら、これらのタスクを実行できます。

♦  Ultra Light テーブルをブラウズするには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. Ultra Light データベースに接続します。

  2. システム・テーブルが非表示になっているときに 1 つまたは複数のテーブルのデータをブラウズするには、[コンテンツ] ウィンドウ枠の空白スペースを右クリックし、[システム・オブジェクトを表示] を選択します。

  3. テーブルのリストを表示するには、[テーブル] をダブルクリックします。

  4. テーブル・データを表示するには、テーブルを右クリックして、右ウィンドウ枠の [データ] タブをクリックします。

♦  Ultra Light のシステム・テーブルをフィルタするには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. Ultra Light データベースに接続します。

  2. 接続先のデータベースを右クリックし、[システム・オブジェクトの非表示] または [システム・オブジェクトを表示] を選択します。

Interactive SQL

Interactive SQL では、SELECT 文を使用してこれらのタスクを実行できます。

♦  Ultra Light のユーザ・テーブルをブラウズするには、次の手順に従います (Interactive SQL の場合)。
  1. データベースに接続します。

  2. SELECT 文を実行し、ブラウズするユーザ・テーブルを指定します。

♦  Ultra Light のシステム・テーブルをブラウズするには、次の手順に従います (Interactive SQL の場合)。
  1. データベースに接続します。

  2. SELECT 文を実行し、ブラウズするシステム・テーブルを指定します。

    たとえば、Interactive SQL で systable テーブルの内容を [結果] ウィンドウ枠の [結果] タブに表示するには、次のコマンドを実行します。

    SELECT * FROM SYSTABLE;
参照