Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースのリファレンス » Ultra Light 接続パラメータ

 

Ultra Light CACHE_SIZE 接続パラメータ

データベース・キャッシュのサイズを定義します。

構文
CACHE_SIZE=number{ k | m | g }
デフォルト

デフォルトのキャッシュ・サイズは、システムで使用可能なメモリ容量とデータベースの容量によって決まります。

備考

キャッシュ・サイズを指定しなかった場合、またはサイズを 0 に設定した場合は、デフォルトのサイズが使用されます。テスト結果により、パフォーマンスの向上が必要と判断した場合は、キャッシュ・サイズを大きくしてください。

デフォルトのサイズはバイト単位です。単位をキロバイト、メガバイト、またはギガバイトで指定するには、それぞれ k、m、g のいずれかを使用してください。

最大キャッシュ・サイズを超える値を指定すると、自動的にプラットフォームのキャッシュ・サイズ上限が設定されます。キャッシュ・サイズをデータベース自体のサイズよりも大きくすると、パフォーマンスは向上しません。また、キャッシュ・サイズが大きいと、その他の使用可能なアプリケーションの数が少なくなることがあります。

パラメータ値に含まれる前後のスペースはすべて無視されます。この接続パラメータの値に、先頭の一重引用符、先頭の二重引用符、またはセミコロンを含めることはできません。

参照

次の接続文字列フラグメントによって、キャッシュ・サイズが 2 MB に設定されます。

"CACHE_SIZE=2m"