Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースの使用 » Ultra Light データベースへの接続 » Ultra Light データベース接続パラメータ

 

接続文字列を使用した Ultra Light 接続の確立

接続文字列は、接続を定義し、確立できるようにアプリケーションからランタイムに渡す一連のパラメータです。

データベースへの接続の確立は、次の 3 つの手順で行われます。

  1. 「パラメータの定義」

    サポートされているパラメータの組み合わせで接続を定義します。一部の接続パラメータは、接続を確立するために必須です。その他のパラメータは、単一の接続のデータベース機能を調整するために使用します。

    パラメータを指定する方法は、Ultra Light 管理ツールから接続するか、Ultra Light アプリケーションから接続するかによって異なります。Ultra Light 接続パラメータの指定を参照してください。

  2. 「文字列のアセンブル」

    開発者かまたはアプリケーションで、指定するパラメータを文字列にアセンブルします。接続文字列は、keyword=value をセミコロンで区切ったパラメータのリストです。パラメータの Ultra Light 接続文字列へのアセンブルを参照してください。

    たとえば、ファイル名、ユーザ ID、パスワードを指定する接続文字列フラグメントは次のようになります。

    DBF=myULdb.udb;UID=JDoe;PWD=token
  3. 「送信」

    接続文字列をアセンブルしたら、Ultra Light ランタイムへの Ultra Light API を使用して、処理のためにデータベースに渡します。接続の試行が検証されると、接続が許可されます。接続は、次の場合に失敗します。

    • データベース・ファイルが存在しない
    • 認証に失敗した