Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light SQL リファレンス » Ultra Light SQL 要素 » Ultra Light の特別値

 

CURRENT TIME 特別値

現在の時、分、秒 (小数位あり) で構成される時刻を返します。

データ型

TIME

備考

秒は小数第 6 位まで格納されます。現在時刻の精度はシステム・クロックの精度によって制限されます。

返される日付は、SQL 文が Ultra Light ランタイムで実行されたときのシステム・クロックの読み取り値が基準になります。CURRENT TIME を次のいずれかと組み合わせて使用すると、すべての値は、個別のクロック読み取り値が基準になります。

  • 同一文で CURRENT TIME を複数回使用

  • 同一文で CURRENT TIME を CURRENT DATE または CURRENT TIMESTAMP と組み合わせて使用

  • 同一文で CURRENT TIME を NOW 関数または GETDATE 関数と組み合わせて使用

参照