Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light SQL リファレンス » Ultra Light SQL 文

 

Ultra Light UPDATE 文

この文は、テーブルのローを変更するために使用します。

構文
UPDATE table-name[[AS] correlation-name]
SET column-name  = expression, ...
[ WHERE search-condition ]
パラメータ

table-name   table-name は、更新するテーブルの名前を指定します。使用できるのは単一テーブルのみです。

correlation-name   文の他の部分からテーブルを参照するときに使用する識別子。

SET 句   それぞれ指定したカラムを、等号の右側の式の値に設定します。式には制限がありません。式が column-name である場合は、古い値が使われます。

SET 句で指定されたカラムの値のみ変更されます。特に、UPDATE を使用して、カラムの値をデフォルトに設定することはできません。

WHERE 句   WHERE 句を指定すると、search-condition を満たすローだけが更新されます。Ultra Light の探索条件を参照してください。

備考

UPDATE 文は、テーブル内の値を修正します。

テーブルに挿入した文字列は、データベースが大文字と小文字を区別するかどうかに関係なく、常に入力された大文字と小文字の状態のままで格納されます。

参照

次の文は、従業員 Philip Chin (従業員 129) を販売部からマーケティング部 (部門 400) に移動します。

UPDATE Employees
SET DepartmentID = 400
WHERE EmployeeID = 129;

correlation-name を使用した例を次に示します。

UPDATE Employee E 
SET salary = salary * 1.05 
WHERE EXISTS( SELECT 1 FROM Sales S HAVING E.Sales > Avg( S.sales) 
GROUP BY S.dept_no )