Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースの使用 » Ultra Light データベースの作成と設定

 

Ultra Light で使用するデータベース作成パラメータの選択

Ultra Light データベース作成パラメータは、データベースのスキーマを構成するスキーマ・テーブルに、name=value の組み合わせで記録されます。これらの作成パラメータはシステム・テーブルに格納されるので、ユーザとアプリケーションが他のデータと同じようにアクセスできます。sysuldata システム・テーブルを参照してください。

作成パラメータの値へのアクセス

データベース作成後に作成パラメータの値を変更することはできません。ただし、Sybase Central で対応するデータベース・プロパティを表示することはできます。Ultra Light データベース・プロパティへのアクセスを参照してください。

データベース・プロパティは、API に適切な GetDatabaseProperty 関数を呼び出すことによって、Ultra Light アプリケーションからプログラム的にアクセスすることもできます。

API 固有の詳細情報については、次の項を参照してください。

これらのデータベース作成パラメータに加えて、データベース・オプションや接続パラメータを使用して、データベースの他の設定を行うことができます。次の項を参照してください。

プロパティ 説明
case Ultra Light データベースの文字列を比較するときに大文字と小文字を区別するかどうかを設定します。Ultra Light case 作成パラメータを参照してください。
checksum_level データベースのチェックサム検証のレベルを設定します。Ultra Light checksum_level 作成パラメータを参照してください。
collation Ultra Light データベースで使用される照合順を設定します。このプロパティを UTF-8 プロパティと組み合わせて設定するかどうかで、データベースの文字セットが決まります。Ultra Light 文字セットUltra Light collation 作成パラメータ、およびUltra Light utf8_encoding 作成パラメータを参照してください。
date_format 日付がデータベースから取り出されるときのデフォルトの文字列フォーマットを設定します。Ultra Light date_format 作成パラメータを参照してください。
date_order 年、月、日の日付の順序を解釈する方法を制御します。Ultra Light date_order 作成パラメータを参照してください。
fips Certicom 認定暗号化アルゴリズムを使用して AES FIPS 準拠データの暗号化を制御します。FIPS エンコードは、強力な暗号化の一種です。Ultra Light データベースの保護Ultra Light fips 作成パラメータを参照してください。
max_hash_size デフォルトのインデックス・ハッシュ・サイズをバイト単位で設定します。Ultra Light max_hash_size 作成パラメータを参照してください。
nearest_century 文字列から日付への変換で、2 桁の年の解釈を制御します。Ultra Light nearest_century 作成パラメータを参照してください。
obfuscate データベースのデータを難読化するかどうか制御します。難読化は単純暗号化です。Ultra Light データベースの保護Ultra Light obfuscate 作成パラメータを参照してください。
page_size データベース・ページ・サイズを定義します。Ultra Light page_size 作成パラメータを参照してください。
precision 計算結果が小数の場合の最大桁数を指定します。Ultra Light precision 作成パラメータを参照してください。
scale 計算結果が最大 precision にトランケートされる場合の、小数点以下の最小桁数を指定します。Ultra Light scale 作成パラメータを参照してください。
time_format データベースから取り出した時刻のフォーマットを設定します。Ultra Light time_format 作成パラメータを参照してください。
timestamp_format データベースから取り出したタイムスタンプのフォーマットを設定します。Ultra Light timestamp_format 作成パラメータを参照してください。
timestamp_increment Ultra Light でのタイムスタンプのトランケート方法を指定します。Ultra Light timestamp_increment 作成パラメータを参照してください。
utf8_encoding Unicode 用の 8 ビット・マルチバイト・エンコードである UTF-8 フォーマットでデータをエンコードします。Ultra Light 文字セットUltra Light utf8_encoding 作成パラメータを参照してください。