Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースの使用 » Ultra Light データベースの操作 » Ultra Light のインデックスの操作

 

Ultra Light インデックスの追加

Sybase Central または Interactive SQL のいずれかを使用して、このタスクを実行できます。

注意

Ultra Light では重複する、または冗長なインデックスは検出されません。インデックスはデータベース内のデータとともに保持されるので、インデックスは慎重に追加してください。

Sybase Central

Sybase Central では、選択したデータベースを操作しながら、このタスクを実行できます。

♦  指定された Ultra Light テーブルに対する新しいインデックスを設定するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. Ultra Light データベースに接続します。

  2. [インデックス] を右クリックし、[新規] - [インデックス] を選択します。

  3. ウィザードの指示に従います。

Interactive SQL

Interactive SQL では、CREATE INDEX 文を使用してこのタスクを実行できます。

♦  指定された Ultra Light テーブルに対する新しいインデックスを設定するには、次の手順に従います (Interactive SQL の場合)。
  1. Ultra Light データベースに接続します。

  2. CREATE INDEX 文を実行します。

    設定したデフォルトの最大ハッシュ・サイズでインデックスが作成されます。デフォルト以外の値を使用するインデックスを作成するには、WITH MAX HASH SIZE value 句を使用してこのインデックス・インスタンスの新しい値を設定します。Ultra Light CREATE INDEX 文を参照してください。

    たとえば、従業員情報を追跡するデータベースでの従業員の姓の検索を高速化し、このインデックスに対するクエリのパフォーマンスをチューニングするために、次の文で EmployeeNames というインデックスを作成し、ハッシュ・サイズを 20 バイトに増加します。

    CREATE INDEX EmployeeNames
    ON Employees (Surname, GivenName)
    WITH MAX HASH SIZE 20;
参照