Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースの使用 » Ultra Light データベースの操作 » Ultra Light のテーブルとカラムの操作

 

Ultra Light データベースのデータのコピー・アンド・ペースト

Sybase Central では、コピー・アンド・ペーストおよびドラッグ・アンド・ドロップを使用できます。したがって、データベース内または複数のデータベース間でオブジェクトを共有または移動できます。コピー・アンド・ペーストまたはドラッグ・アンド・ドロップで、次の表に示すデータを共有できます。

ターゲット 結果
別の Ultra Light/SQL Anywhere データベース 新しいオブジェクトが作成され、元のオブジェクトのコードが新しいオブジェクトにコピーされます。
同じ Ultra Light データベース オブジェクトのコピーが作成されるので、新しいオブジェクトの名前を変更します。
注意

Mobile Link で開いているデータベースのデータをコピーし、Ultra Light データベースにペーストできます。ただし、Ultra Light のデータを、Mobile Link で開いているデータベースにペーストすることはできません。

Sybase Central

Ultra Light プラグインでは、次のいずれかのオブジェクトをコピーすると、そのオブジェクトの SQL もクリップボードにコピーされます。この SQL は、Interactive SQL やテキスト・エディタなどの他のアプリケーションに貼り付けることができます。たとえば、Sybase Central でインデックスをコピーし、テキスト・エディタにペーストすると、そのインデックスの CREATE INDEX 文が表示されます。Ultra Light プラグインにある次のオブジェクトをコピーできます。

Interactive SQL

Interactive SQL では、結果セットから別のオブジェクトにデータをコピーすることもできます。

  • 結果を指定のオブジェクトにコピーするには、SELECT 文を使用します。

  • データベース内の別の場所にある 1 つのローまたは複数のローをテーブルに挿入するには、INSERT 文を使用します。

参照