Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light SQL リファレンス » Ultra Light SQL 要素

 

Ultra Light の実行プラン

Ultra Light の実行プランは、クエリの実行時にテーブルとインデックスがアクセスされる方法を示します。Ultra Light には query optimizer があります。オプティマイザは、Ultra Light ランタイムの内部コンポーネントであり、クエリの効率的なプランを生成しようとします。オプティマイザは、テンポラリ・テーブルを使用して中間結果が格納されないようにしたり、クエリで 2 つのテーブルがジョインされるときに、テーブルの関連するサブセットだけがアクセスされるようにしたりします。

オプティマイザの上書き

オプティマイザでは、常に最も効率的なアクセス・プランが目標とされますが、特に多数の可能性がある複雑なクエリでは、この目標の達成は保証されません。極端な場合、OPTION (FORCE ORDER) 句をクエリに追加することによって、Ultra Light が選択するテーブル順序を上書きして、クエリに出現する順序でテーブルにアクセスすることもできます。このオプションは一般的には使用しないことをおすすめします。パフォーマンスが低い場合、通常は、適切なインデックスを作成して実行速度を上げるようにしてください。

パフォーマンスに関するヒント

クエリを使用してデータを更新しない場合は、クエリで FOR READ ONLY 句を指定してください。こうすると、パフォーマンスが向上することがあります。Ultra Light SELECT 文を参照してください。


実行プランを確認する場合
Ultra Light の実行プランの表示
Ultra Light の実行プランの解釈