Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースのリファレンス » Ultra Light 作成パラメータ

 

Ultra Light utf8_encoding 作成パラメータ

Unicode 用の 8 ビット・マルチバイト・エンコードである UTF-8 フォーマットでデータをエンコードします。

構文
{ ulcreate | ulinit | ulload } -o utf8_encoding=value;...

ブール式

デフォルト

0 (データベースの UTF-8 エンコードなし)

備考

UTF-8 文字は 1 ~ 4 バイトで表されます。他のマルチバイト照合の場合、1 または 2 バイトが使用されます。すべてのマルチバイト照合で、2 バイト以上の文字はアルファベットであると見なされます。したがって、二重引用符を使用しないでこれらの文字を識別子で使用できます。

データベースを UTF-8 でエンコードすると、Ultra Light では UTF8BIN 照合を使用して文字がソートされます。UTF8BIN 文字セットは特定の言語に固有ではないので、この文字セットに特定のコード・ページは関連付けられていません。したがって、複数の言語のデータを同じ統合データベースに同期できます。UTF-8 でエンコードされている文字を、Unicode がサポートされていない統合テーブルに同期しようとすると、ユーザ・エラーがレポートされます。

Sybase Central では、データベースを作成するウィザードで UTF-8 エンコーディングを選択できます。[新しいデータベースの照合と文字セット]ページで[はい。データベースの文字セットには UTF8 を使用します。]オプションを選択します。

クライアント・アプリケーションから、データベース・マネージャ・クラスに対するデータベース作成メソッドの作成パラメータの 1 つとしてこのプロパティを設定します。

参照