Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Mobile Link クライアントとしての Ultra Light » Ultra Light での ActiveSync と HotSync の使用 » Palm OS の HotSync

 

Mobile Link 同期のプロトコル・オプションの設定

プロトコル・オプションは、Ultra Light HotSync コンジットから Mobile Link サーバへの接続を定義します。通常は、この情報をアプリケーションの同期コードの一部として追加します。ただし、必要なパラメータは HotSync や ulcond11 から入力することもできます。

ul_synch_info 構造体を使用している場合、引数は次の形式になります。

stream=name;parameters

stream=name は、ネットワーク・プロトコルのタイプを示します。stream=name のデフォルト値は TCPIP です。

parameters は、コンジットが使用するネットワーク・プロトコル・オプションのセットであり、使用するプロトコルの stream_parms 引数と同じ形式です。指定されたストリームに対して、parameters は、プロトコルの stream_parms 引数と同じデフォルトを使用します。

注意

プロトコル・オプションを指定しない場合、コンジットは、ユーザがレジストリで ulcond11 の実行時に入力した可能性のあるプロトコル名とプロトコル・オプションを探します。

有効なネットワーク・プロトコルが見つからないと、デフォルトのプロトコルとプロトコル・オプションが使用されます。このデフォルト・ストリーム・パラメータの設定は、次のとおりです。

stream=tcpip;host=localhost
参照