Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースの使用 » Ultra Light データベースへの接続

 

ULSQLCONNECT 環境変数を使用した Ultra Light パラメータの保管

ULSQLCONNECT 環境変数はオプションです。インストール・プログラムでは設定を行いません。ULSQLCONNECT は、keyword=value をセミコロンで区切ったパラメータのリストです。

ULSQLCONNECT を使用すると、開発中に同じ接続パラメータを繰り返し Ultra Light 管理ツールに指定する必要がなくなります。カスタム・アプリケーションには ULSQLCONNECT を使用できません。

警告

等号の代わりにシャープ記号 (#) を使用しないでください。シャープ記号は Ultra Light では無視されます。Ultra Light でサポートされているすべてのプラットフォームで、環境変数の設定内で = を使用できます。

♦  Ultra Light デスクトップ・ツール用に ULSQLCONNECT を設定するには、次の手順に従います。
  1. 次のコマンドを実行します。

    set ULSQLCONNECT="parameter=value; ..."
  2. 管理ツールに追加パラメータが必要な場合や、この環境変数で設定したデフォルト値を変更する必要がある場合は、これらの値を設定してください。ユーザが指定する値が常にこの環境変数より優先されます。

参照

ULSQLCONNECT を使用して c:\database\myfile.udb というファイルに、ユーザ demo とパスワード test で接続するには、ULSQLCONNECT 環境変数で次の変数を設定します。

set ULSQLCONNECT="DBF=c:\database\myfile.udb;UID=demo;PWD=test"

この環境変数を設定した場合は、これらのデフォルト値を変更する必要がなければ、-c 接続オプションを使用してこれらの値を指定する必要はありません。

たとえば、ulload を使用して extra.xml ファイルからデータベースに情報を追加する場合は、次のようにコマンドを実行します。

ulload -a extra.xml