Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースのリファレンス » Ultra Light ユーティリティ

 

Ultra Light 同期ユーティリティ (ulsync)

Ultra Light データベースを Mobile Link サーバと同期させます。このツールを使用して、アプリケーション開発中に同期をテストできます。

構文
ulsync -c "connection-string" [ options ]  [synchronization parameters { REPLACE | MERGE } profile-string ]
オプション 説明
-c "connection-string" 必須。connection-string の DBF パラメータまたは file_name パラメータで指定するデータベースに接続します。ユーザ ID とパスワードの両方を指定しなかった場合は、デフォルトの UID DBA と PWD sql が使用されます。
-oa データベースが Ultra Light の旧バージョンで作成されたことをプロセスが識別した場合、そのプロセスをキャンセルします。
-or

読み込み専用モードでデータベースを同期させます。Ultra Light によって、元のファイルのコピーが作成され、このコピーを使用して、データベースを変更しないでスクリプトがテストされます。コピーされたファイルの変更内容は終了時に破棄されます。

すでに Windows Mobile デバイスに配備されているデータベースにデスクトップから直接接続している場合は、このパラメータはサポートされません。

-ou Ultra Light の旧リリース・バージョンで作成されたデータベースをアップグレードします。
-p 指定した同期プロファイルを使用して同期します。次の構文と同義です。
synchronize profileName merge 'syncOptions'
ここでは、同期オプションは後続の ulsync オプションから取得されます。次に例を示します。
ulsync -p profileName "MobiLinkUid=ml;ScriptVersion=Version001...syncOptions"

同期プロファイル・オプションを参照してください。

-q ユーティリティをクワイエット・モードで実行するように設定します。情報のバナー、バージョン番号、ステータス・メッセージが非表示になります。エラー・メッセージは引き続き表示されます。
-r 前回の同期の結果を表示し、終了します。
-s 同期後に使用可能な SQL パススルー・スクリプトを実行します。
-v 同期の進行状況のメッセージを表示します。C++ API または SQL の同期プロファイル文を使用して同期の進捗状況を表示するかどうかも指定します。Ultra Light CREATE SYNCHRONIZATION PROFILE 文を参照してください。
備考

バージョン 10 以前で有効であったオプション -a authenticate-parameters-e sync-parms-k stream-type-n (同期なし)、-x protocol options は、サポートされていません。-e <keyword>=<value> は現在、同期パラメータの文字列に含まれており、-k-x は、Stream=<stream{<stream-parms>} 同期パラメータの文字列に収納されています。

用途によって、ulsync は次の SQL 文のいずれかと同義と考えることができます。

ulsync -p <profile> "<parms>"

この文は次の文と同義です。

 SYNCHRONIZE PROFILE <profile> MERGE
<parms>

および

ulsync "<parms>"

この文は次の文と同義です。

 SYNCHRONIZE USING <parms>

安全な同期のために、Ultra Light アプリケーションはパブリック証明書にアクセスする必要があります。次の方法で証明書を参照できます。

  • ulinit、ulload、ulcreate で -t file オプションを使用して Ultra Light データベースの作成時に証明書情報を組み込む。

  • trusted_certificates=file ストリーム・オプションを使用して同期時に外部の証明書ファイルを参照する。

このユーティリティはエラー・コードを返します。0 以外の値は処理に失敗したことを示します。

参照

次のコマンドは、remoteA という Mobile Link ユーザの myuldb.udb というデータベース・ファイルを同期させます。

ulsync -c DBF=myuldb.udb "MobiLinkUid=remoteA;Stream=http;ScriptVersion=2"

次のコマンドは、myuldb.udb というデータベース・ファイルを HTTPS 経由で c:\certs\rsa.crt 証明書を使用して同期させます。データベースの作成時に信頼できる証明書ファイルがデータベースに追加されなかったため、trusted_certificates=file オプションを使用する必要があります。さらに、Mobile Link ユーザ名は remoteB です。

ulsync -c DBF=myuldb.udb "Stream=https{trusted_certificates=c:\certs\rsa.crt};
MobiLinkUid=remoteB;ScriptVersion=2;UploadOnly=ON"

次のコマンドは、synced.udb というデータベース・ファイルについて、前回の同期の結果を表示します。

ulsync -r -c dbf=synced.udb

前回の同期の結果は、次のようにリストされます。

SQL Anywhere UltraLite Database Synchronize Utility Version XX.X
    Results of last synchronization:
    Succeeded
        Download timestamp: 2006-07-25 16:39:36.708000
        Upload OK
        No ignored rows
        Partial download retained
        Authentication value: 1000 (0x3e8)

次の例は、CustDB データベースをユーザ名 50 で TCP/IP 接続によってポート 2439 で同期させる場合に使用するコマンド・ラインを示します。

ulsync -c "dbf=C:\Documents and Settings\All Users\Documents\SQL Anywhere 11\Samples\UltraLite\SyncEncrypt\custdb.udb" 
MobiLinkUid=50;ScriptVersion=custdb 11.0;Stream=tcpip{port=2439}