Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースのリファレンス » Ultra Light ユーティリティ

 

Ultra Light データベース初期化ユーティリティ (ulinit)

既存の SQL Anywhere データベースから Ultra Light データベースを作成します。

構文
ulinit -a "SAconnection-string" -c "ULconnection-string" -n pubname [ options ]
オプション 説明
-a "SAconnection-string" 必須。SAconnection-string で指定する SQL Anywhere リファレンス・データベースに接続します。
-c "ULconnection-string" 必須。connection-string の DBF パラメータまたは file_name パラメータで指定するデータベースに接続します。ユーザ ID とパスワードの両方を指定しなかった場合は、デフォルトの UID DBA と PWD sql が使用されます。
-d

新しい Ultra Light データベースの各テーブルに、SQL Anywhere データベースの対応するテーブルからデータをコピーします。デフォルトでは、これ以降の同期時にこのデータがアップロードされません。次の同期時にデータをアップロードするには、-I と同時に -d を使用します。

-e table, ...

指定した table を除外します。指定したテーブルは、Ultra Light データベースに作成されません。複数のテーブルをカンマで区切って指定できます。次に例を示します。

-e mydbtable1,mydbtable5
-I -d と同時に使用します。挿入されたローを次の同期時にアップロードします。デフォルトでは、このユーティリティによって挿入されたローは、同期時にアップロードされません。
-l logfile 実行時に DDL データベース・スキーマ作成の SQL 文のログを logfile に取ります。
-n pubname

必須。テーブルを Ultra Light データベース・スキーマに追加します。

pubname は、リファレンス・データベース内のパブリケーションを指定します。パブリケーション内のテーブルは、Ultra Light データベースに追加されます。

複数のパブリケーションからのテーブルを Ultra Light データベースに追加するには、オプションを複数回指定します。リファレンス・データベース内のすべてのテーブルを Ultra Light データベースに追加するには、-n* を指定します。

-o [ extended-options ] Ultra Light データベースの作成パラメータのリストをセミコロンで区切って指定します。Ultra Light で使用するデータベース作成パラメータの選択を参照してください。
-p creator-ID Palm OS で、データベースをレコード・ストアにインストールする場合に必要です。指定する Ultra Light クライアント・アプリケーションの 4 文字の creator-ID でデータベースを作成します。VFS ストアにデータベースを配備している場合は、このオプションを使用しないでください。
-q ユーティリティをクワイエット・モードで実行するように設定します。情報のバナー、バージョン番号、ステータス・メッセージが非表示になります。エラー・メッセージは引き続き表示されます。

-s pubname

リファレンス・データベースの pubname と同じ定義を持つパブリケーションを Ultra Light データベースに作成します。パブリケーションは、同期の設定に使用されます。複数の同期パブリケーションを指定するには、複数の -s オプションを指定します。

このパブリケーション内のテーブルが -n オプションでリストされたパブリケーションに含まれている必要があります。

-s を指定しないと、Ultra Light リモートにはパブリケーションが指定されません。

Mobile Link との同期用のパブリケーションを作成する方法については、Ultra Light のパブリケーションを参照してください。

-t file 信頼できるルート証明書を含むファイルを指定します。この証明書は、サーバ認証に必要です。
-w 警告を表示しません。
備考

SQL Anywhere リファレンス・データベースは、次のソースとして機能します。

これらを組み合わせて、Ultra Light スキーマ (新しい Ultra Light データベースの構造を定義する情報) を作成できます。ただし、作成した新しいデータベースは、最初は空です。

SQL Anywhere リファレンス・データベースを使用しないで Ultra Light データベースを作成するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • SQL Anywhere 以外の RDBMS から Ultra Light データベースを初期化するには、Sybase Central の同期モデル作成ウィザードを使用します。このウィザードを実行すると、スキーマ情報を取得するために統合データベースに接続するように求められます。

  • リファレンス・データベースから独立して設定できる空の Ultra Light データベースを作成するには、ulcreate ユーティリティまたは Ultra Light のデータベースの作成ウィザードを使用します。

Ultra Light では、リファレンス・データベースで定義されていた照合順の名前が使用されます。ただし、extended-options リストで utf8_encoding プロパティを設定することで、データベースを UTF-8 を使用してエンコードできます。

コマンド・プロンプトで ulcreate -l を実行すると、サポートされている照合と対応するコード・ページのリストが表示されます。選択した照合順が Ultra Light でサポートされていない場合は、サポートされている照合順に変更してください。たとえば、リファレンス・データベースの照合が UCA 照合の場合は、次の手順に従います。

  1. リファレンス・データベースをアンロードし、別の照合を使用して再ロードします。

  2. この新しいバージョンのデータベースで ulinit を実行します。

デスクトップに作成された Palm のデータベースは .pdb 拡張子で識別できる必要があります。ただし、データベースをデバイスに配備すると、拡張子は削除されます。ファイル名形式の詳細については、Palm OSを参照してください。

ターゲットが VFS ボリュームの場合、Palm Install Tool を使用して Ultra Light データベースを配備することはできません。代わりに、カード・リーダなどのツールを使用してメディアに直接データベースをコピーする必要があります。

参照

TestPublication で定義されているテーブルを含む customer.udb というファイルを作成します。

ulinit -a "DSN=dbdsn;UID=JimmyB;PWD=secret" -c DBF=customer.udb -n TestPublication

2 つの異なるパブリケーションを含む customer.udb というファイルを作成します。Pub1 には、優先的に同期するデータのサブセットが含まれ、Pub2 には残りのデータが含まれます。

ulinit -a "DSN=dbdsn;UID=JimmyB;PWD=secret" -c DBF=customer.udb -n Pub1 -n Pub2 -s Pub1 -s Pub2

登録された作成者 ID を使用して customer.udb という Palm OS 用のファイルを作成します。

ulinit -a "DSN=dbdsn;UID=JimmyB;PWD=secret" -c DBF=customer.udb.pdb -n TutCustomersPub -p creator-id