Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Windows Mobile 用 Ultra Light アプリケーションの開発

 

Windows Mobile アプリケーションの配備

Windows Mobile 用の Ultra Light アプリケーションをコンパイルでは、Ultra Light ランタイム・ライブラリを静的または動的にリンクできます。動的にリンクする場合は、目的のプラットフォーム用の Ultra Light ランタイム・ライブラリをターゲット・デバイスにコピーします。

♦  Ultra Light ランタイム DLL を使用してアプリケーションを構築し配備するには、次の手順に従います。
  1. コードを前処理してから、UL_USE_DLL で出力をコンパイルします。

  2. Ultra Light インポート・ライブラリを使用してアプリケーションをリンクします。

  3. アプリケーションの実行プログラムと Ultra Light ランタイム DLL の両方をターゲット・デバイスにコピーします。

    Ultra Light ランタイム DLL は、SQL Anywhere インストール・ディレクトリの \ultralite\ce サブディレクトリの下にある、チップの種類ごとのディレクトリに保管されています。

Windows Mobile エミュレータ用の Ultra Light ランタイム DLL を配備するには、Windows Mobile tools ディレクトリの適切なサブディレクトリに DLL を配置します。次のディレクトリは、Pocket PC エミュレータ用のデフォルト設定です。

C:\Program Files\Windows CE Tools\wce300\MS Pocket PC\
emulation\palm300\windows