Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Ultra Light C++ API を使用したアプリケーションの開発

 

エラー処理

データベース操作が終わるたびに、ULSqlca オブジェクトのメソッドを使用してエラーをチェックしてください。たとえば、LastCodeOK を使って操作が成功したかどうかをチェックします。また、GetSQLCode は SQLCode の数値を返します。これらの値の意味の詳細については、SQL Anywhere のエラー・メッセージ (Sybase エラー・コード順)を参照してください。

Ultra Light では、明示的なエラー処理に加えて、エラー・コールバック関数をサポートしています。コールバック関数を登録すると、Ultra Light エラーが発生するたびに関数が呼び出されます。コールバック関数がアプリケーション・フローを制御することはありませんが、すべてのエラーを通知することができます。コールバック関数を使用すると、アプリケーションの開発中やデバッグ中は特に効果的です。コールバック関数の使用方法については、チュートリアル:C++ API を使用したアプリケーションの構築を参照してください。

コールバック関数のサンプルについては、ULRegisterErrorCallback のコールバック関数ULRegisterErrorCallback 関数を参照してください。

Ultra Light C++ API によってスローされるエラー・コードのリストについては、SQL Anywhere のエラー・メッセージ (Sybase エラー・コード順)を参照してください。