Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Embedded SQL API リファレンス

 

ULCheckpoint 関数

チェックポイント操作を実行し、保留中になっているコミット済みトランザクションをデータベースにフラッシュします。ULCheckpoint を呼び出しても、現在のトランザクションすべてがコミットされるわけではありません。ULCheckpoint 関数は、パフォーマンスを向上させるために後回しされた自動トランザクション・チェックポイントとともに使用されます。詳細については、単一のトランザクションまたはグループ化されたトランザクションのフラッシュを参照してください。

構文
void ULCheckpoint(
SQLCA * sqlca
);
備考

ULCheckpoint 関数を使用すると、保留中のコミット済みトランザクションはすべてデータベースの記憶領域に書き込まれることが保証されます。

参照