Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Embedded SQL を使用したアプリケーションの開発 » データベースへの接続

 

複数の接続の管理

アプリケーションの中で複数のデータベース接続を使用する場合、複数の SQLCA を使用することもできれば、1 つの SQLCA で複数の接続を管理することもできます。

複数の SQLCA を使用するには、次の手順に従います。
♦  複数の SQLCA の管理
  1. プログラムで使用する各 SQLCA は db_init を呼び出して初期化し、最後に db_fini を呼び出してクリーンアップします。

    db_init 関数を参照してください。

  2. Embedded SQL 文の SET SQLCA を使用して、SQL プリプロセッサにデータベース要求で特定の SQLCA を使用することを伝えます。通常は、次のような文をプログラムの先頭かヘッダ・ファイルに置いて、SQLCA 参照がタスク独自のデータを指すようにします。

    EXEC SQL SET SQLCA 'task_data->sqlca';

    この文はコードをまったく生成しないので、パフォーマンスに影響を与えません。この文はプリプロセッサ内部の状態を変更して、指定の文字列で SQLCA を参照するようにします。

    SQLCA の作成については、SET SQLCA 文 [ESQL]を参照してください。

1 つの SQLCA を使用するには、次の手順に従います。

複数の SQLCA を使用する代わりに、1 つの SQLCA で、データベースへの複数の接続を管理できます。

各 SQLCA はアクティブな接続、つまり現在の接続を持ちますが、その接続は変更が可能です。コマンドを実行する前に、SET CONNECTION 文でコマンドの実行対象となる接続を指定します。

SET CONNECTION statement [Interactive SQL] [ESQL]を参照してください。