Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Embedded SQL を使用したアプリケーションの開発 » ホスト変数の使用

 

インジケータ変数の使用

インジケータ変数とは、特定のホスト変数に関する補足的な情報を保持する C 変数のことです。ホスト変数は、データのやりとりをするときに使用できます。NULL 値を扱うには、インジケータ変数を使用します。

インジケータ変数は、short int 型のホスト変数です。NULL 値を検出したり指定したりするため、SQL 文では通常のホスト変数の直後にインジケータ変数を記述します。

たとえば、次の INSERT 文では、:ind_phone がインジケータ変数です。

EXEC SQL INSERT INTO Employee
   VALUES (:employee_number, :employee_name,
   :employee_initials, :employee_phone:ind_phone );
インジケータ変数の値

次の表は、インジケータ変数の使用法をまとめたものです。

インジケータの値 データベースに渡す値 データベースから受け取る値
0 ホスト変数値 NULL でない値をフェッチした値
-1 NULL 値 NULL 値をフェッチした値

NULL を扱うためのインジケータ変数