Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Ultra Light C++ API を使用したアプリケーションの開発

 

データの暗号化

Ultra Light C++ API を使用して、Ultra Light データベースを暗号化するか、難読化するかを選択できます。暗号化ではデータベースのデータを非常に安全に表現できますが、難読化ではデータベースの内容を不用意に閲覧されないことを目的とした簡易的なセキュリティを実現します。

補足情報については、Ultra Light で使用するデータベース作成パラメータの選択を参照してください。

暗号化

暗号化されたデータベースを作成するには、接続文字列に key= 接続パラメータを指定することによって、暗号化キーを指定します。CreateDatabase メソッドを呼び出すと、データベースが作成され、指定されたキーで暗号化されます。

データベースが暗号化された後は、データベースへのすべての接続で正しい暗号化キーを指定する必要があります。そうしないと、接続は失敗します。

Ultra Light DBKEY 接続パラメータを参照してください。

難読化

データベースを難読化するには、データベース作成パラメータとして obfuscate=1 を指定します。

Ultra Light データベースの保護を参照してください。