Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス

 

ul_sql_passthrough_status 構造体

SQL パススルーのステータス情報です。

構文
public ul_sql_passthrough_status
プロパティ
名前 説明
cur_script ul_u_long 現在実行されているスクリプト。(1 から始まります)
script_count ul_u_long 実行されるスクリプトの総数です。
sqlca SQLCA * SQLCA へのポインタ。GetCA 関数を参照してください。
state ul_sql_passthrough_state 現在のステータスです。同期ステータス情報の処理を参照してください。
stop ul_bool true に設定すると、スクリプトの実行を停止できます。
user_data ul_void * 登録呼び出しで提供されたユーザ・データです。ULRegisterSQLPassthroughCallbackを参照してください。