Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス

 

ul_synch_result 構造体

アプリケーションで適切なアクションを実行できるようにするために、同期の結果を格納する構造体です。

構文
public ul_synch_result
プロパティ
名前 説明
auth_status ul_auth_status

同期認証ステータスです。

auth_value ul_s_long

Mobile Link サーバが auth_status の結果を判断するために使用する値です。

ignored_rows ul_bool

アップロードされたローが無視された場合は true に設定され、無視されなかった場合は false に設定されます。

partial_download_retained ul_bool

部分的なダウンロードが保持されたことを通知する値です。「keep_partial_download」を参照してください。

sql_code an_sql_code

最後の同期の SQL コードです。

sql_error_string char

sql_code 内のエラー・コードに関連付けられているエラー・テキストです。

status ul_synch_status

observer 関数によって使用されるステータス情報です。「observer」を参照してください。

stream_error ul_stream_error

通信ストリーム・エラー情報です。

timestamp SQLDATETIME

最後の同期の時刻と日付です。

upload_ok ul_bool

アップロードが正常に終了した場合は true に設定され、正常に終了しなかった場合は false に設定されます。