Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス

 

ul_synch_status 構造体

同期の進行状況のモニタリング・データを返します。

構文
public ul_synch_status
プロパティ
名前 説明
db_table_count ul_u_short

データベース内のテーブルの数を返します。

flags ul_u_short

現在の状態に関連する追加情報を示す、現在の同期フラグを返します。

info ul_synch_info_a *

ul_synch_info_a 構造体へのポインタ。ul_synch_info_a 構造体を参照してください。

received ul_synch_stats

ダウンロードの統計情報を返します。

sent ul_synch_stats

アップロードの統計情報を返します。

sqlca SQLCA *

接続のアクティブな SQLCA です。

state ul_synch_state

サポートされている多くのステータスの 1 つです。同期ステータス情報の処理を参照してください。

stop ul_bool

同期をキャンセルする bool 値です。値 true は同期がキャンセルされたことを意味します。

sync_table_count ul_u_short

同期中のテーブルの数を返します。

sync_table_index ul_u_short

1 から sync_table_count で定義される数までの値の範囲です。

table_id ul_u_short

現在アップロードまたはダウンロードされているテーブルの ID です (1 から始まります)。同期されないテーブルがある場合には、この番号で値がスキップされることがあります。また、番号が必ず増加するとはかぎりません。

table_name char

現在のテーブルの名前。

table_name_w2 char

現在のテーブルの名前 (ワイド文字フォーマット)。このフィールドには、Windows デスクトップまたは Mobile プラットフォームの場合のみ値が入ります。

user_data ul_void *

ULRegisterSynchronizationCallback に渡されたユーザ・データ、または ul_synch_info 構造体で設定されたユーザ・データです。