Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス » ULSqlcaBase クラス

 

GetParameterCount 関数

最後の操作のエラー・パラメータの数を取得します。

構文
ul_u_long ULSqlcaBase::GetParameterCount()
戻り値

現在のエラーのパラメータの数。