Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス » UltraLite_Connection_iface クラス

 

GetNotificationParameter 関数

GetNotification 関数によって読み込まれたイベント通知のパラメータを取得します。

構文
ULValue UltraLite_Connection_iface::GetNotificationParameter(
  const ULValue & queue_name,
  const ULValue & parameter_name
)
パラメータ
  • queue_name   GetNotification 関数呼び出しと一致するキュー名。

  • parameter_name   読み込むパラメータの名前 (または "*")。

戻り値

パラメータ値。エラーが発生した場合は空の文字列。

備考

指定されたキューでの最後に読み込まれた通知のパラメータのみ取得できます。パラメータは名前によって取得されます。パラメータ名を "*" と指定すると、パラメータ文字列全体が取得されます。

参照