Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス » UltraLite_Connection_iface クラス

 

SendNotification 関数

指定された名前と一致するすべてのキューに通知を送信します。

構文
ul_u_long UltraLite_Connection_iface::SendNotification(
  const ULValue & queue_name,
  const ULValue & event_name,
  const ULValue & parameters
)
パラメータ
  • queue_name   対象となるキューの名前 (または "*")。

  • event_name   通知の ID。

  • parameters   パラメータのオプション・リストまたは NULL。

戻り値

送信済みの通知の数 (一致するキューの数)。

備考

これに含まれるのは、現在の接続におけるキューです。この呼び出しはブロックしません。特別なキュー名の "*" を使用すると、すべてのキューに送信します。指定されたイベント名は、システム定義またはユーザ定義のイベントと対応する必要はありません。読み込まれたイベント名は、通知を識別するためにそのまま渡され、送信者と受信者に対してしか意味を持たないからです。パラメータの引数には、「名前=値」のペアをセミコロンで区切ったオプション・リストを指定します。通知が読み込まれた後、パラメータの値がGetNotificationParameter 関数によって読み込まれます。

参照