Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス » UltraLite_Connection_iface クラス

 

ValidateDatabase 関数

この接続のデータベースを検証します。

構文
bool UltraLite_Connection_iface::ValidateDatabase(
  ul_u_short flags,
  ul_validate_callback_fn fn,
  ul_void * user_data,
  const ULValue & table_id
)
パラメータ
  • flags   検証のタイプを制御するフラグ。

  • fn   検証の進行状況の情報を受け取る関数。

  • user_data   コールバックにより呼び出し元に送り返すユーザ・データ。

  • table_id   検証する特定のテーブル (オプション)。

戻り値

検証中にエラーが発生した場合は false。

備考

このルーチンに渡されるフラグに応じて、低レベルのストアかインデックス (または両方) を検証できます。検証中に情報を受け取るには、コールバック関数を実装し、アドレスをこのルーチンに渡します。検証対象を特定のテーブルに限定するには、テーブルの名前または ID を最後のパラメータとして渡します。