Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス » UltraLite_DatabaseManager_iface クラス

 

OpenConnection 関数

既存のデータベースへの新しい接続を開きます。

構文
UltraLite_Connection * UltraLite_DatabaseManager_iface::OpenConnection(
  ULSqlcaBase & sqlca,
  ULValue const & parms_string
)
パラメータ
  • sqlca   新しい接続に関連付ける初期化済みの sqlca。

  • parms_string   接続文字列。

備考

この sqlca は新しい接続に関連付けられます。

  • SQLE_CONNECTION_ALREADY_EXISTS - 指定した SQLCA と名前の (または名前のない) 接続は、すでに存在します。接続する前に、既存の接続を切断するか、CON パラメータを使用して別の接続名を指定してください。

  • SQLE_INVALID_LOGON - 無効なユーザ ID または間違ったパスワードを入力しました。

  • SQLE_INVALID_SQL_IDENTIFIER - C 言語インタフェースを通して、無効な識別子を指定しました。たとえば、カーソル名に NULL 文字列を指定した可能性があります。

  • SQLE_TOO_MANY_CONNECTIONS - 同時データベース接続数の制限を超えました。

エラー情報を取得するには、対応するULSqlca クラスオブジェクトを使用します。

戻り値
  • この関数が成功した場合、新しい接続オブジェクトが返されます。

  • 失敗した場合は、NULL が返されます。