Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス » UltraLite_TableSchema_iface クラス

 

GetColumnDefault 関数

カラムのデフォルト値が存在する場合は取得します。

構文
ULValue UltraLite_TableSchema_iface::GetColumnDefault(
  const ULValue & column_id
)
パラメータ
  • column_id   カラムの ID 番号。1 から始まる順序数にしてください。テーブルの最初のカラムの ID 値は 1 です。

戻り値
  • 文字列として含まれるデフォルトを返します。

  • カラムにデフォルト値が含まれていない場合は空になります。

備考

カラム名が存在しない場合は、SQLE_COLUMN_NOT_FOUND を設定します。