Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light C++ API リファレンス » UltraLite_TableSchema_iface クラス

 

IsColumnInIndex 関数

テーブルが、指定されたインデックスに含まれているかどうかをチェックします。

構文
bool UltraLite_TableSchema_iface::IsColumnInIndex(
  const ULValue & column_id,
  const ULValue & index_id
)
パラメータ
  • column_id   カラムを識別する 1 から始まる順序数。column_id を取得するには、GetColumnCount 関数を呼び出します。

  • index_id   インデックスを識別する 1 から始まる順序数。テーブル内のインデックス数を取得するには、GetIndexCount 関数を呼び出します。

戻り値
  • カラムがインデックスに含まれている場合は、true。

  • カラムがインデックスに含まれていない場合は、false。

備考

カラム名が存在しない場合は、SQLE_COLUMN_NOT_FOUND を設定します。

インデックスが存在しない場合は、SQLE_INDEX_NOT_FOUND に設定されます。