Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light ODBC API リファレンス

 

SQLBindCol 関数

Ultra Light ODBC の場合、結果セットのカラムを、アプリケーション・データ・バッファにバインドします。

構文
UL_FN_SPEC SQLRETURN UL_FN_MOD SQLBindCol (
SQLHSTMT StatementHandle,
SQLUSMALLINT ColumnNumber,
SQLSMALLINT TargetType,
SQLPOINTER TargetValue,
SQLLEN BufferLength,
SQLLEN * StrLen_or_Ind );
パラメータ
  • StatementHandle   結果セットを返す文のハンドル。

  • ColumnNumber   アプリケーション・データ・バッファにバインドする結果セット内のカラムの番号。

  • TargetType   TargetValue ポインタのデータ型の識別子。

  • TargetValue   カラムにバインドするデータ・バッファへのポインタ。

  • BufferLength   TargetValue バッファのバイト単位の長さ。

  • StrLen_or_lnd   カラムにバインドする長さバッファまたはインジケータ・バッファへのポインタ。文字列の場合、長さバッファには、返された実際の文字列の長さが格納されます。この値は、カラムに設定できる長さよりも短い場合があります。

備考

アプリケーションとデータベースの間で情報を交換するために、ODBC では、アプリケーション内のバッファを、カラムなど、データベース・オブジェクトにバインドします。指定したカラムの値を設定する場所として、アプリケーション内のバッファを識別するクエリを実行する場合は、SQLBindCol を使用します。