Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light ODBC API リファレンス

 

SQLDescribeCol 関数

Ultra Light ODBC の場合、結果セット内のカラムの結果記述子を返します。

結果記述子には、カラム名、カラムのサイズ、データ型、桁数、NULL 入力が可能かどうかが含まれています。

構文
UL_FN_SPEC SQLRETURN UL_FN_MOD SQLDescribeCol (
    SQLHSTMT StatementHandle,
    SQLUSMALLINT ColumnNumber,
    SQLTCHAR * ColumnName,
    SQLSMALLINT BufferLength,
    SQLSMALLINT * NameLength,
    SQLSMALLINT * DataType,
    SQLULEN * ColumnSize,
    SQLSMALLINT * DecimalDigits,
    SQLSMALLINT * Nullable );
パラメータ
  • StatementHandle   ステートメント・ハンドル。

  • ColumnNumber   結果セットの、1 から始まるカラム番号。

  • ColumnName   カラム名が返されるバッファへのポインタ。

  • BufferLength   *ColumnName の文字単位の長さ。

  • NameLength   *ColumnName に返される有効なバイト (NULL 終了バイトを除く) の総数が返される、バッファへのポインタ。

  • DataType   カラムの SQL データ型が返されるバッファへのポインタ。

  • ColumnSize   データ・ソースのカラムのサイズが返されるバッファへのポインタ。

  • DecimalDigits   データ・ソースのカラムの桁数が返されるバッファへのポインタ。

  • Nullable   カラムに NULL 値を入力できるかどうかを示す値が返されるバッファへのポインタ。