Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Ultra Light ODBC API リファレンス

 

SQLGetDiagRec 関数

Ultra Light ODBC の場合、診断ステータス・レコードの複数のフィールドの現在値を返します。

構文
UL_FN_SPEC SQLRETURN UL_FN_MOD SQLGetDiagRec (
SQLSMALLINT HandleType,
SQLHANDLE Handle,
SQLSMALLINT RecNumber,
SQLTCHAR * Sqlstate,
SQLINTEGER * NativeError,
SQLTCHAR * MessageText,
SQLSMALLINT BufferLength,
SQLSMALLINT * TextLength );
パラメータ
  • HandleType   割り当てるハンドルのタイプ。Ultra Light では次のハンドル・タイプがサポートされます。

    • SQL_HANDLE_ENV
    • SQL_HANDLE_DBC
    • SQL_HANDLE_STMT

  • Handle   入力ハンドル。

  • RecNumber   出力ハンドル。

  • Sqlstate   エラーの ANSI/ISO SQLSTATE 値。詳細については、SQL Anywhere のエラー・メッセージ (SQLSTATE 順)を参照してください。

  • NativeError   エラーの SQLCODE 値。詳細については、SQL Anywhere のエラー・メッセージ (SQLCODE 順)を参照してください。

  • MessageText   エラー・メッセージまたはステータス・メッセージのテキスト。

  • BufferLength   *MessageText バッファのバイト単位の長さ。

  • TextLength   *MessageText に返される有効なバイト (NULL 終了バイトを除く) の総数が返される、バッファへのポインタ。