Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - C/C++ プログラミング » API リファレンス » Embedded SQL API リファレンス

 

ULChangeEncryptionKey 関数

Ultra Light データベースの暗号化キーを変更します。

構文
ul_bool ULChangeEncryptionKey(
SQLCA *sqlca, 
ul_char *new_key
);
備考

この関数を呼び出すアプリケーションでは、データベースが同期されていること、または信頼できるバックアップ・コピーが作成されていることを、先に確認しておく必要があります。ULChangeEncryptionKey は実行を継続する必要のある操作であるため、信頼できるバックアップがあることは重要です。データベース暗号化キーを変更すると、まずデータベースのすべてのローは古いキーを使用して復号され、次に新しいキーを使用して再度暗号化されて、書き込まれます。この操作は元に戻せません。暗号化変更処理が完了しなかった場合、データベースは無効な状態のままになり、もう一度アクセスできなくなります。

参照