Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light.NET の概要

 

Ultra Light.NET アーキテクチャ

Ultra Light.NET ネームスペースの名前は、iAnywhere.Data.UltraLite (ADO.NET インタフェース) です。

次のリストは、iAnywhere.Data.UltraLite ADO.NET ネームスペースでよく使用される高レベル・クラスの一部を説明しています。

  • ULConnection   各 ULConnection オブジェクトは、Ultra Light データベースとの接続を表します。ULConnection オブジェクトは 1 つまたは複数作成できます。

  • ULTable   各 ULTable オブジェクトを使用して、単一テーブル内のデータにアクセスできます。

  • ULCommand オブジェクト   各 ULCommand オブジェクトは、データベースに対して実行される SQL 文を格納します。

  • ULDataReader オブジェクト   各 ULDataReader オブジェクトは、単一のクエリの結果セットを格納します。

  • ULSyncParms   ULSyncParms オブジェクトを使用して、Ultra Light データベースを Mobile Link サーバと同期させます。

ADO.NET インタフェースの詳細については、Ultra Light .NET 2.0 API リファレンスを参照してください。