Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light.NET の概要

 

システムの稼働条件とサポートされるプラットフォーム

開発プラットフォーム

Ultra Light.NET を使用してアプリケーションを開発するための要件は次のとおりです。

  • サポートされているデスクトップ・バージョンの Microsoft Windows

  • Microsoft Visual Studio 2005 または Visual Studio 2008

  • Windows Mobile デバイスを使用する場合は、.NET Compact Framework バージョン 2 以降

ターゲット・プラットフォーム

Ultra Light.NET でサポートしているターゲット・プラットフォームは次のとおりです。

  • Microsoft .NET Compact Framework 2.0 と .NET Framework 2.0

  • Windows Mobile デバイスを使用する場合は、Microsoft .NET Compact Framework バージョン 2 以降

  • Windows 上で動作する Microsoft .NET Compact Framework バージョン 2 以降

アプリケーション・コードと .NET Compact Framework に加えて、次のファイルを Windows Mobile デバイスまたは Windows がインストールされているコンピュータに配備してください。

  • iAnywhere.Data.UltraLite.dll   iAnywhere.Data.UltraLite ADO.NET ネームスペースを含むアセンブリ。このファイルは、アプリケーションで iAnywhere.Data.UltraLite ネームスペースを使用する場合のみ必要です。

  • iAnywhere.Data.UltraLite.resources.dll   iAnywhere.Data.UltraLite ADO.NET ネームスペースで必要とされるリソース。このファイルは、アプリケーションで iAnywhere.Data.UltraLite ネームスペースを使用する場合のみ必要です。

  • ulnet11.dll   このファイルには、1 つのクライアントが使用する Ultra Light ランタイムが含まれてます。このランタイムの異なるバージョンが、ターゲット・プラットフォームごとに用意されています。

  • ulnetclient11.dll   このファイルには、Ultra Light エンジンへのインタフェースが含まれており、複数のクライアントがエンジンにアクセスするのに使用されます。

Ultra Light がサポートされているプラットフォームの詳細については、[external link] http://www.ianywhere.jp/sas/os.html を参照してください。