Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light 用 SQL Anywhere Explorer

 

Ultra Light プロジェクトでの SQL Anywhere Explorer の使用

Visual Studio では、SQL Anywhere Explorer を使用して Ultra Light データベースへの接続を作成できます。データベースに接続すると、次の操作を実行できます。

  • テーブルとテーブル・データを参照する。

  • Ultra Light データベースへの接続を開くプログラムやデータの取り出しと操作を行うプログラムを設計する。

  • データベース・オブジェクトを C# や Visual Basic のコードやフォームにドラッグ・アンド・ドロップすることで、選択されたオブジェクトを参照するコードを IDE で自動的に生成する。

[ツール] メニューから対応するコマンドを選択することで、Sybase Central と Interactive SQL を Visual Studio から開くこともできます。

インストールの注意

Ultra Light ソフトウェアをインストールした Windows コンピュータに Visual Studio がインストール済みの場合、インストール・プロセスは Visual Studio の存在を検出し、必要な統合手順を実行します。Visual Studio を Ultra Light の後にインストールする場合、または Visual Studio の新しいバージョンをインストールする場合、次の手順に従って、コマンド・プロンプトから手動で Ultra Light を Visual Studio に統合する必要があります。

  • Visual Studio が実行されていないことを確認します。

  • コマンド・プロンプトで、install-dir\UltraLite\UltraLite.NET\Assembly\v2\installULNet.exe を実行します。


Visual Studio での Ultra Light データベース接続の使用
SQL Anywhere Explorer の設定
SQL Anywhere Explorer を使用した Ultra Light データベース・オブジェクトの追加
SQL Anywhere Explorer を使用した Ultra Light テーブルの操作