Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULCommand クラス » BeginExecuteNonQuery メソッド

 

BeginExecuteNonQuery(AsyncCallback, Object) メソッド

コールバック・プロシージャと状態情報を指定して、この ULCommand で記述される SQL 文の非同期実行を開始します。

構文
Visual Basic
Public Function BeginExecuteNonQuery( _
   ByVal callback As AsyncCallback, _
   ByVal stateObject As Object _
) As IAsyncResult
C#
public IAsyncResult BeginExecuteNonQuery(
   AsyncCallback callback,
   object stateObject
);
パラメータ
  • callback   コマンドの実行が終了すると起動される System.AsyncCallback デリゲート。コールバックが必要ないことを示すには、NULL (Microsoft Visual Basic の場合は Nothing) を渡します。

  • stateObject   コールバック・プロシージャに渡される、ユーザ定義のステータス・オブジェクト。コールバック・プロシージャからこのオブジェクトを取得するには、System.IAsyncResult.AsyncState プロパティを使用します。

戻り値

ポーリング、結果の待機、または両方に使用できる System.IAsyncResult が返されます。この値は、影響を受けたローの数を返す EndExecuteNonQuery(IAsyncResult) を起動する場合にも必要です。

参照