Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULCommand クラス » BeginExecuteReader メソッド

 

BeginExecuteReader(CommandBehavior) メソッド

CommandBehavior 値の 1 つを使用してこの ULCommand で記述される SQL 文の非同期実行を開始し、結果セットを取得します。

構文
Visual Basic
Public Function BeginExecuteReader( _
   ByVal cmdBehavior As CommandBehavior _
) As IAsyncResult
C#
public IAsyncResult BeginExecuteReader(
   CommandBehavior cmdBehavior
);
パラメータ
  • cmdBehavior   クエリの結果の記述と、接続への影響の記述の System.Data.CommandBehavior フラグのビット単位の組み合わせ。Ultra Light.NET で有効なのは、System.Data.CommandBehavior.Default フラグ、System.Data.CommandBehavior.CloseConnection フラグ、System.Data.CommandBehavior.SchemaOnly フラグだけです。

戻り値

ポーリング、結果の待機、または両方に使用できる System.IAsyncResult が返されます。この値は、返されたローを取得するために使用する ULDataReader インスタンスを返す、EndExecuteReader(IAsyncResult) を起動する場合にも必要です。

参照