Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULCommand クラス » ExecuteResultSet メソッド

 

ExecuteResultSet() メソッド

UL 拡張:SQL SELECT 文を実行し、ULResultSet として結果セットを返します。

構文
Visual Basic
Public Function ExecuteResultSet() As ULResultSet
C#
public ULResultSet ExecuteResultSet();
戻り値

ULResultSet オブジェクトとして返される結果セット。

備考

この文は、必要に応じて ULCommand.CommandText と ULCommand.Parameters が指定された、現在の ULCommand オブジェクトです。ULResultSet オブジェクトは、位置付け更新や削除の実行対象となる編集可能な結果を表します。編集可能な結果セットには、ULCommand.ExecuteTable() または ULDataAdapter を使用します。

ULCommand.CommandType が System.Data.CommandType.TableDirect である場合、ExecuteReader は ULCommand.ExecuteTable() を実行し、ULResultSet としての ULTable ダウンキャストを返します。

ULCommand.ExecuteResultSet は、Dynamic SQL による位置付け更新と削除をサポートします。

cmd.CommandText = "SELECT id, season, price FROM OurProducts";
ULResultSet rs = cmd.ExecuteResultSet();
while( rs.Read() ) {
    string season = rs.GetString( 1 );
    double price = rs.GetDouble( 2 );
    if( season.Equals( "summer" ) && price < 100.0 ) {
        rs.SetDouble( 2, price * .5 );
        rs.Update();
    }
    if( season.Equals( "discontinued" ) ) {
        rs.Delete();
    }
}
rs.Close();
参照