Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULCommand クラス » ExecuteTable メソッド

 

ExecuteTable() メソッド

UL 拡張:直接の操作用に、ULTable にデータベース・テーブルを取り出します。ULCommand.CommandText はテーブルの名前として解釈され、ULCommand.IndexName はテーブルのソート順の指定に使用できます。

構文
Visual Basic
Public Function ExecuteTable() As ULTable
C#
public ULTable ExecuteTable();
戻り値

ULTable オブジェクトとして返されるテーブル。

備考

ULCommand.CommandType は System.Data.CommandType.TableDirect に設定することが必要です。

ULCommand.IndexName が NULL 参照 (Visual Basic の Nothing) であると、プライマリ・キーを使用してテーブルが開かれます。そうでない場合は、ソート基準となるインデックスの名前として ULCommand.IndexName 値を使用してテーブルが開かれます。

参照