Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULCommandBuilder クラス » GetDeleteCommand メソッド

 

GetDeleteCommand(Boolean) メソッド

データベースで削除処理を実行するのに必要な、自動的に生成された ULCommand オブジェクトを取得します。

構文
Visual Basic
Public Function GetDeleteCommand( _
   ByVal useColumnsForParameterNames As Boolean _
) As ULCommand
C#
public ULCommand GetDeleteCommand(
   bool useColumnsForParameterNames
);
パラメータ
  • useColumnsForParameterNames   true の場合、可能であれば、カラム名に一致するパラメータ名を生成します。false の場合、@p1、@p2 などを生成します。

戻り値

削除の実行に必要な、自動的に生成された ULCommand オブジェクト。

備考

SQL 文が最初に生成された後で、アプリケーションが ULDataAdapter.SelectCommand を変更する場合、DbCommandBuilder.RefreshSchema を明示的に呼び出す必要があります。この処理を行わないと、GetDeleteCommand メソッドは、正しくない可能性がある古い文の情報を使用し続けます。SQL 文が最初に生成されるのは、アプリケーションが DbDataAdapter.Update(System.Data.DataSet) または GetDeleteCommand メソッドを呼び出したときです。

参照