Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULConnection クラス » ULConnection コンストラクタ

 

ULConnection(String) コンストラクタ

ULConnection オブジェクトを、指定された接続文字列で初期化します。接続を開いてから、データベース操作を実行してください。

構文
Visual Basic
Public Sub New( _
   ByVal connectionString As String _
)
C#
public  ULConnection(
   string  connectionString
);
パラメータ
  • connectionString   Ultra Light.NET の接続文字列。接続文字列は、キーワード値の組がセミコロンで区切られたリストです。

    パラメータのリストについては、ConnectionString プロパティを参照してください。

備考

Ultra Light.NET の Ultra Light エンジンのランタイムを使用するには、ULDatabaseManager.RuntimeType を適切な値に設定してから、他の Ultra Light.NET API を使用します。

接続文字列は、ULConnectionParms オブジェクトを使用して指定できます。

次のコードでは、Windows Mobile デバイス上のデータベース \UltraLite\MyDatabase.udb への接続を作成して開きます。

' Visual Basic
Dim openParms As ULConnectionParms = New ULConnectionParms
openParms.DatabaseOnCE = "\UltraLite\MyDatabase.udb"
Dim conn As ULConnection = _
  New ULConnection( openParms.ToString() )
conn.Open()

// C#
ULConnectionParms openParms = new ULConnectionParms();
openParms.DatabaseOnCE = @"\UltraLite\MyDatabase.udb";
ULConnection conn = new ULConnection( openParms.ToString() );
conn.Open();
参照